海水魚・サンゴ&クワガタ関連を中心としたブログです♪

2011/081234567891011121314151617181920212223242526272829302011/10


本日、会社帰りにここに行ってきました


http://gurutabi.gnavi.co.jp/special/ramen/tsukemen2011.html


「大つけ麺博2011」


金曜日なのでなかなかの混みようでしたが、それはうまいラーメンのため、がまん

1杯目に選んだのが、「麺屋 こうじ」

麺はコシがあってうまく、またスープもほど良い野菜(かぼちゃらしいがそれはわからない)の甘味があるが、
なにせ、濃い(^^; 
だから、超のどが渇く(^^;;

あっ、ちなみに写真は撮り忘れに2杯目並んでいる時に気付きましたw



ということで、2杯目はさっぱりといきたいので魚介スープの「中華そば豆天狗」

が、これまた味が濃い(>o<)
いや、うまいんですよ。でもなぜか今日は味の濃さに若干の拒否反応が…

しかも、2杯目の途中で満腹状態に(^^;

う~ん、もう若くないと実感するのでした(爆


ちなみに2杯目こそは写真を撮ろうと思っていたのですが、
気付いた時には半分食べてしまっていたので、これまた無しということでw

来月には第二章、第三章と続くので、仕事上がれそうだったらまた行ってみよう

スポンサーサイト
前回の記事で「消えたのかなぁ。。。」と書いたベニハゼSP。




本日発見しました




しっかり存在してましたよ







このとおり
110924ベニハゼSP


しかし、なんで見つからないかと思っていたら
とんでもないところがこいつの隠れ家だったみたい(@▽@;)



その場所は、ニューウェーブの吸盤の隙間のここ
110924隠れ家


そりゃー、なかなか気づきませんよね( ̄▽ ̄;)

ということで、サブ水槽生体編です。

紹介の前に復習しましょう。
入っている生体は、前回の最後にも書きましたが、
魚が9種15匹、クリーナーが2種2匹、サンゴが4種入ってます。

ここからはホントに生体写真メインでw


それでは、魚編から


スミレヤッコ×1
110919スミレヤッコ

ツキノワイトヒキベラ×1
110919ツキノワイトヒキベラ

ハタタテハゼ×1
110919ハタタテハゼ

グリーンバンデットゴビー×1
110919グリーンバンデットゴビー側面

正面の顔は
110919グリーンバンデットゴビー正面

歌舞伎役者みたいw


ケープゴビー×1
110919ケープゴビー

ベニハゼSP×1
見つからず写真なし(^^ゞ
消えたのかなぁ。。。

レッドスポットゴビー×1
110919レッドスポットゴビー

ナンヨウミドリハゼ×6
110919ナンヨウミドリハゼ

アオムネオトヒメエビ×2(ペア化成功♪)
110919アオムネオトヒメエビ

暗いと色が出ないので、フラッシュ撮影
♂♀どっちがどっちがかわかりませんが、
片方は濃いパープル、もう片方は薄いパープル。



続いてクリーナー編

マガキガイ×1
苔取り貝×1

写真載せても面白くないので写真は無しw



そしてサンゴ編

ソフトがチヂミトサカ、
ハードが、サオトメシコロサンゴ&ウスコモンと、
実験中のトゲミドリイシ
110919トゲミドリイシ

以上、サブ水槽の全種をお届けしました(笑

コツコツと購入し、だいぶハゼ類が増えてきました。
でもね、まだまだ入れる予定でっせ

目標は30ピキクライ(`∀´;)



久しぶりにサブ水槽ネタでも。

サイズは450*200*200の元オーバーフロー、今は使い勝手からサイドフローに加工してます。

水槽サイズが小さいから何をするのにも楽だし、いろいろ変えられるので
かなり楽しい(≧▽≦)



入っているLRも残りやら、カケラばかりなのでレイアウト変更はしょっちゅう(^^ゞ
でも今のレイアウトは結構気に入っているので、今までで一番長くレイアウトを保ってます。



正面からは
110919サブ前景

積み上げているだけでよくわかりませんね。

これを横からみると
110919サブ側景

隙間も程よく空いていて、魚たちは間を泳ぎ回ってます(⌒▽⌒)


上から見ると
110919サブ上景

狭い島を形成して、ニューウェーブ1000で水流を造り、水通しをよくして滞留地帯をなくしてます。


こんなサブ水槽のにぎやかさを掌る生体はというと、
魚が9種15匹、クリーナーが2種2匹、サンゴが4種入ってますが、これは次回ということでw

今月は恒例行事がいくつかあり、

そのうちファミリーとということでは、

9月2日、学校が休みというとことで私も有休を取得し、箱根小湧園のユネッサンへ

ここは水着で入るプール?温泉?施設。
この日は大雨が降ることが予想されていましたが、到着までは持ってくれました。
しかも平日でこの天気予報ですから空いていてラッキーでした

早速着替えて、雨が降る前に屋外にある各種温泉に。

まずコーヒー風呂に浸かり、胸パットのない?オネエチャンで目の保養w
もちろん、ウチの嫁ではないですよww

その頃我が息子は
110902修行中

修行中(^^ゞ


次にワイン風呂
110902ユネッサン

そのあと、お茶風呂、酒風呂、炭風呂と続き、プールで戯れていると、
外は土砂降り
それはすごいのなんのって。景色が雨で見えないんですから
早めに入ってよかった。。。

で、ユネッサンの代名詞?の開始時間がきたのでそちらへ
110902恒例

ドクターフィッシュこと、「ガラ・ルファ」体験

体験後外を見ると雨がやんでいたので、
屋外にあるスライダーを連続5回ほど滑っていると再び土砂降り
屋外は諦め、私はサウナへ。嫁は程よい水温の施設へ。子供たちは???

このあと、昼食をとり、子供たちと再びプールで戯れ、私と嫁はマッサージ。
子供たちはそのままプールに。

で、それなりに楽しんだところで帰宅。この時も雨は降っていませんでしたが、
家に着くと同時に土砂降り

とまあ、なかなか運よく雨を回避しながら遊べた1日でした


続いて、昨日は上の子は最後の小学校の運動会。
この日は前日の雨で蒸していて暑かった。。。

最後の運動会にようやく応援団になれた娘はかなり張り切ってます(子供は逞しいw
110917AM応援合戦

下の子の演技は縄跳びを使った演技で、大縄跳びも無難にこなしてました。
110917縄跳び①

そして午前中のメインイベントの5、6年生騎馬戦。
紅組の騎馬数が足りない関係で4年生も狩りだされていて下の子も参戦。
上の子はどうやら副将らしく、高ポイント対象者
紅組の勝利のためにもこれは負けられません。
が、1回戦はあっさり。。。2回戦目は2頭倒してました。
しかし笑えたのが、なぜか姉弟で同じポジション
110917騎馬戦

午前中の部はこのあと、1~3年生リレーとその前の演技を残すのみでしたが、ここで降雨
が、あと少しだったこともあり続行。

ランチ中も軽く降ったりやんだり。

午後の再開も応援合戦から
1100917PM応援合戦

見てのとおり、傘をさす親もいます。
この応援合戦が終了し、5年生の組み体操に入ろうとしたら、土砂降り
これはさすがに続けられないので一時中断。
雨はほどなく止んだんですが、グラウンドはグチャグチャ。。。
高学年で水を吸い取り、砂入れをして再開。ちなみに組み体操は後回しになりました。

午後は上の子は8プログラム中3プログラムと登場ラッシュ。
応援合戦のほかハードル走と
110917ハードル走

6年生恒例の「ソイヤ」
これは先生たちも気合が入っているし、もちろん子どもたちも小学校最後の出し物に気合十分
演技前にクラスごとに集まって
110917ソイヤ①

演技が開始され、5年生以下も親たちも見入ります
110917ソイヤ②

で、演技も終了したところで感動が

それは前方で太鼓をたたく先生がいるんですが、
この先生6年間のうち3年間この学年を受け持っています。
この先生が最後に「集合」と叫ぶ時、感極まって「集…」と声にならず。
んで、食いしばって「退場」と言った後、目頭を押さえてました。
それは遠くからでもわかるくらいの号泣
太鼓を持って指示台を降りる時も泣いてました。
これに私も感動。
こういう先生にもってもらって子どもたちは幸せ者ですね。

天気はなんとか持ち、最後まで無事終了。
結果は紅組の惜敗でしたが、最後にいいモノを見せてもらえ、
この日の蒸し暑さ、疲れは飛びました。


で、最後に今日は仕事で、とある場所へ。
昔と変わらず、人はすごかった。
この街で当社がBtoC事業を始めたのでその手伝い。

仕事を終えた後、
先日漢検で199点の高点数で合格した褒美を購入し
上の子にサプライズプレゼントをしたところ、大喜び

こう喜んでもらえるとあげた甲斐があるってもんです。


ということで、最近のファミリーネタを一挙に書いてみました


久しぶりに林君のネタでも。


ということで、以前とはだいぶ様変わりしてしまいましたが、現在の林君はこんな感じです

110914林君正面

過去にセンターを担っていた、極太パープルスギが白化してから迫力不足の感は否めません

が、その分カラーバリエーションでカバーw


側面からも

110914林君側面


ついでに上からも

110914林君上面

MTが入り込んで見づらいですね


実はこの林君、つい最近もてあそんだんです

というのも安定してないのがあって(1番右の1番古株スギ)、
それをなんとか安定させたかったんです。

サンゴを弄ったり、岩組を弄ったり、色々イジリ倒すこと3時間(かかり過ぎ?

ようやくこのレイアウトに落ち着きました
今はすっかり安定

ただ、残念ながらこの影響も多少あるかと思いますが、今度は左山が。。。


やはり、先月末までが調子のピークだったみたい


ウチの水槽には、以前Wavyseaがついてました。

しかし、これが稼動しなくなったので、保証期間内だったこともあり買ったショップに修理依頼したところ、
「水没の形跡あり。修理は有償」との輸入代理店から返答があったことは以前に書きました。
そもそも水没なんかさせてないし、どういうことか説明してもらいたい、とショップ経由で確認依頼をしたら、
回答なし、ショップは閉店、本体は手元に戻ってこず。。。


「ざけんな、ボキャ~」


って気持ちで閉店するショップから中古Wavyseaを格安で購入w(懲りてない?
これが2年くらい使用した頃、昨年春にまた停止(--メ)

もちろん原因は不明。

んで、前述の輸入代理店にしばらくしてから電話したところ、



電話に出んわ “で、で~ん”



その後も数回別日にかけても、



電話には出んわ



ということで放置プレイをしたまま数か月(^^ゞ


もういい加減邪魔なので、取り外す決心をして塩ビの通常の戻り口としました。
それから2か月くらい経過したあるとき、天使のような甘い声で


「いい水流は作りたくかね~」


私は天からの囁きだと確信し、


「お、お願いします(≧o≦;)」


そしてそれから1か月経過した頃、手元に。
それは、それは私に吸い寄せられるかのようにカモーン(>´З`)>□=3。。...


で、結局何が言いたかったのかというとWavyseaではなく、、、

110910シースワール①

110910シースワール②


シースワールを取り付けたよ♪ ということw


作業時間、部材カット含めて5分弱(^m^)


一番厄介だったのは、もともとある配管がシースワールの高さ以下だったのでどうしようかと悩んだところ。
そしてふと思い出したのが『ユニオン』の存在。
これをはめてみると

バッチグ~


ということで、水流の発展はなったのでしょうか!?

実験を開始ました。

サンプルは、トゲミドリイシw

まずは水槽向かって右端前面のシエロの木洩れ日があたるところに

110908右端前面トゲミドリイシ



そして、中央にあるハナヤサイの下にも

110908中央トゲミドリイシ

わかります?(^^;



最後にサブ水槽のLR下に

110908サブ水槽トゲミドリイシ

ここからどう成長していくのかな。


そのうちメタハラが直にあたることろにも置いてみる予定です

文字色
3か月半前に紹介した通称フロー管サンゴ①

この時に比べて、だいぶフロー管への活着面積も増大し、
枝自体も成長が見られるようになってきました

110905フロー管サンゴ①

110905フロー管サンゴ①-2


色も先はライトブルーとパープルが混じったいい感じ。


でもその8センチくらい下にあるフロー管サンゴ③は色もダメで
活着面もわずかな成長にとどまっています
110905フロー管サンゴ③


ちなみにフロー管サンゴ②は色はあがっているものの成長はあまりしてません



そこで?新たな刺激を与えるためまたやっちゃいました(^m^)
すでに上記の写真でも写り込んでますが、

110905フロー管サンゴ④⑤


上の方は何系かもわからないサンゴ(コモン系かも)、
下が通常時はグリーンで強い光を当てればブルーに変身するコモン系です。


これらすべては、レイアウト時に折れたものを遊び心でフロー管にくっつけているんですが、
①~③は順調に成長してくれているので、今後も楽しみだし、
新たに付けた④⑤も先輩達と同様に成長してくれることを楽しみにしてます


このまま、3重管をサンゴで覆わることを目標に設定しよう



題して、 『3重管をサンゴで覆わせようPJ』 (爆そのまんま


これでかけらも無駄にせずに済むし、成長は楽しめるし、一石二鳥ですな( ̄ー ̄)



トゲミドリイシを入れてから1ヵ月半。

成長は早い方である、という噂にたがわず、ウチの水槽でも順調に成長してます

110901トゲミドリイシ①

110901トゲミドリイシ②


色は隔離用の影にしばらくなっていたため、褐色が強くなっていますが、
成長点はご覧のとおりわかりやすく、母乳…いやいや乳白色(⌒▽⌒)

共肉が薄いため、水流は軽くあたる程度がよさそう。もちろん直撃は
光はまだどのメタハラの直下でも試してないので、それは今後ということでw

他に思ったのは、枝先にコケがついたので折った時の断面が、
ミドリイシとかとは全く違う断面。
なんというか、肉っぽいというか果実を切った時の断面図みたいというか。。。
ま、あまり飼育とは関係ありませんが。。。

とにかく、貴重なサンゴなのでしっかり様子見ながら成長させていけたらと思います